子産み島~週7で産めるメスたち~[2話ネタバレ]島の女は愛液もハンパない!

孕ませられた女性

子産み島~週7で産めるメスたち~

 

2話 男を欲情させるためだけに発育した身体で誘惑されて

 

の内容と感想を紹介します。

誠一は教師をしていた。

 

ある島から頼まれ事をされて、島の教師になることになった。

 

本当の目的は教師よりも種付け…

 

島の女たちを孕ませてやって欲しいという何とも嬉しいハーレムへのご招待だった。




無料試しをしてみる
3クリックで試し読みができます

子産み島~週7で産めるメスたち~2話 エロシーン

2話のエロシーンは、このみのおっぱいをモミモミする誠一です。

 

後ろから手をまわして大きなおっぱいを自由に揉んでいます。

 

 

その揉み方がワイルドです。

 

男の人の大きな手に収まらないほどの大きなおっぱい。

 

 

それがとっても柔らかそうです。

 

そして触れているときのこのみの仕草にも興奮しました。

 

こんな風にされたら、男はたまりませんよね。




無料試しをしてみる
会員登録しなくても無料試し読みOK

子産み島~週7で産めるメスたち~2話 あらすじ

このみは誠一に勉強をみてもらうことになった。

 

2人きりで勉強をする。

 

このみは上はブラはつけていない。

 

おっぱいの形がはっきりとわかる薄いタンクトップを着ている。

 

乳首の形もはっきりとわかる。

 

大きすぎる胸だが、腕は細い。

 

 

肌は小麦色に焼けていて、汗でしっとりと潤っている。

 

このみは誠一にどんな女が好きなのかを質問する。

 

 

このみは誠一のことが好きだった。

 

 

実は、誠一もこのみのことを意識していた。

 

会った瞬間から、このみとのセ〇クスを想像していたのだった。

 

このみはおっぱいを揉まれているうちにおもらしをしたかのように、お〇んこから汁が溢れてくるのだった。




無料試しをしてみる
面倒なアプリのインストールがなくすぐに読めます

子産み島~週7で産めるメスたち~2話 感想

2人で勉強を始める時、何かが起こる気はしていました。

 

誠一は我慢が出来ずにバックからこのみのおっぱいをモミモミします。

 

 

もう、ここまできたらGOですよね。

 

モミモミしたら、この先にどんどん進む合図ですよね。

 

しかし、このみはどれだけ感度がいいのでしょうか?

 

おっぱいを揉まれているだけなのに、お〇んこから汁が溢れてきています

 

その量が尋常ではありません。

 

 

これだけ濡れる女はそうはいないでしょう。

 

触っただけでもこんな状態なら…

 

 

挿入されたら噴水のようになったりして?

 

楽しみ(*’ω’*)




無料試しをしてみる
ハーレムな孕まセ〇クス気分を味わいませんか?