[ヨールキ・パールキ] S家に嫁いだM嬢の日常[3話]メリーの生い立ち

乗馬しながらイク女

S家に嫁いだM嬢の日常

 

第3話 私はセックスギャラリーのマスターに引き取られました

 

の内容と感想を紹介します。

 

ヨールキ・パールキ先生の作品です。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

S家に嫁いだM嬢の日常第3話のあらすじ

医師による実技の訓練は続く。

 

医師がメリーのおま〇こに指を入れる。

 

膣の中を指でいじられて、あふあふ…と声をあげながらも、問題に全問正解していく。

 

医師の指使いに感じてしまい、声が出てしまうメリーだった。

 

 

第3話では、メリーはがどうしてS家に嫁いできたのか、その理由が明らかになる。

 

その理由とは…




無料試し読みはこちら
専用アプリのインストールが必要ありません

 

S家に嫁いだM嬢の日常第3話の感想

旦那様のためとはいえ、医師がメリーの膣に指を入れたり、肛門に指を入れるシーンがエロくて好きです。

 

医師の前で股を大きく広げるメリーのおま〇こに興奮マックスです♪

 

目の前であんなに股を広げられて、指を入れられるなんて…

 

医師ってやっぱり役得ですね。

 

 

メリーの過去が明らかになりました。

 

家も家族もいない貧しい孤独な少女だったんですね。

 

そんな時出会ったギャラリーのマスターが、メリーの人生のターニングポイントになったんですね。

 

メリーが連れていかれた場所では何組もの男女がセ〇クスをしていました。

 

セ〇クスを展示物とするギャラリーでした。

 

セ〇クスで快感を感じやすくするために、お互いの身体を探りあっている姿にアートを感じました。

 

絡み合う男女、感じている表情は美しく、不思議な雰囲気があります。

 

セ〇クスは愛し合う男女だけが行う行為ではなく、アートとしても素敵なのかも…と思いました。

 

相手を愛していなくても、お互いがもっと深く感じるようなアートのような、そんなセ〇クスを経験してみたいと思ってしまいました。

 

わたしもコレクションになってみたい気もしてきました…笑

 

そうすると毎日、より気持ちよくなるために毎日セ〇クスができるんです。

 

お互いがもっと気持ちよくなるためにセ〇クスを極めてみたい!

 

と思いました。

 

この漫画でセ〇クスの見方が変わりました。

 

そして、メリーの訓練がはじまりますが、最初は「なにもしないこと」が訓練でした。

 

メリーはセ〇クスの経験がなく、それが気持ちいいのかどうかも知りませんでした。

 

でも見ているだけでおま〇この奥がジンジンしてきました。

 

セ〇クスの経験がなくても本能で反応しちゃうんですね。

 

そこが生々しくてエロさを感じました。

 

そしてマスターの部屋に呼ばれて裸にされます。

 

まだセ〇クスの経験がないメリーはマスターに挿入されてしまうのでしょうか…

 

気になるこの先は本編でどうぞ…




無料試し読みはこちら
専用アプリのインストールが必要ありません