[ヨールキ・パールキ] S家に嫁いだM嬢の日常[2話]おまんこに指を入れないで!

乗馬しながらイク女

S家に嫁いだM嬢の日常

 

第2話 お医者様の先生と女性器について勉強しました

 

のあらすじと感想を紹介します。

 

ヨールキ・パールキ先生の作品です。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

S家に嫁いだM嬢の日常 第2話のあらすじ

馬術の訓練はまだ続く予定だった。

 

でも、馬が暴れて走り出し、メリーもイキすぎて意識が朦朧としてしまい午前の授業が終わりになる。

 

馬小屋では馬の世話人の男のチ〇ポが勃っていた。

 

メリーの乱れ具合をみているうちに反応してしまったのだ。

 

メリーは世話人のチ〇ポを、旦那様のチ〇ポだと思ってご奉仕することにした。

 

世話人の男はメリーにパイズリされて気持ちよくなっている。

 

チ〇ポからはヌルヌルした液体が出てくる。

 

メリーはおま〇この中がグチョグチョになっていた。

 

目の前のチ〇ポを入れて欲しいとさえ思っていた。

 

目はうつろで、よだれを垂らすメリー。

 

世話人の男はメリーのおっぱいにチ〇ポを挟まれてあっけなく射精する。

 

メリーは射精した世話人のチ〇ポで、お掃除フェ〇のレッスンをする。

 

 

午後は医学の授業。

 

代々、医者も多いこの家系で、妻も医学の知識を得なければなりません。

 

前回で座学の授業を終えたメリー、今回からは実践の授業。

 

下半身裸になり、台にあがり大きくおま〇こを広げるメリー。

 

メリーのおま〇こからは、すでに蜜があふれ出ていた。

 

医者はメリーの肛門に器具を入れて肛門の中を見る。

 

大きな声を漏らすメリー。

 

あまりの気持ちよさに、我慢できずにはおしっこを漏らしてしまう。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

S家に嫁いだM嬢の日常 第2話の感想

こんな訓練が毎日あるなんて…羨ましくなりました。

 

毎日気持ちよくしてもらえて、何度もイケるんですから…

 

メイドたちや医師が一丸となって、メリーの身体の開発をしてくれる光景が見ていて楽しくなります。

 

夫ではない男のチ〇ポをパイズリしたり、医師におま〇こや肛門に指を入れられたり…

 

普通ならば許されないようなことも、許されるS家です。

 

すべては、優秀な子どもを作るため。

 

こんなS家に嫁いできて毎日おま〇こはグチョグチョに濡れて、イキまくるメリーは幸せそうに見えます。

 

身体がどんどんと開発されていくのが見ていて楽しいです。

 

毎日の訓練を楽しみにしているメリーってエロいですね。

 

医師がメリーのおま〇こに指を入れて、問題を出すシーンが面白いです。

 

メリーは感じて、甘い声を漏らしながら問題を正解していきます。

 

旦那様のため…という理由があれば何でも許されそうな気さえします。

 

たとえば旦那様を気持ちよくするために他の男とセ〇クスをする!

 

なんてことにもなりかねない気がしました。

 

尿道にブジーを入れられておしっこを勢いよく漏らすメリー。

 

尿道は普通はあまり刺激をしませんので、きっと最初は痛かったけどそのうちに快感に変わったんでしょうね。

 

これからアッと驚く身体の調教が行われそうで楽しみです。




無料試し読みはこちら
専用アプリのインストールが必要ありません