カラミざかり5話ネタバレ[抜けるエロ漫画]高校生4人でまさかの乱交?!

オナニーする女

桂あいり先生の作品「カラミざかり」

 

第5話 いっぱい出たね

 

の内容と感想を紹介します。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

カラミざかり~これまでのあらすじ

新山を押し倒す貴史。

 

「入れてもいい?」

 

と貴史が聞くとコクンとうなずく新山。

 

その表情は恥ずかしそうに赤くなっている。

 

貴史はゴムをして新山に挿入する。

 

2人とも初めてのセ〇クスだった。

 

貴史は新山のおま〇こが気持ちよすぎてイッてします。

 

放心状態の2人。

 

それを見ている高成と里帆。

 

「お前らも来いよ」

 

と手を引かれる2人。

 

でもその組み合わせは、貴史と里帆新山と高成、という高成にはショックな組み合わせだった。




無料試し読みはこちら
専用アプリのインストールが必要ありません

カラミざかり~第5話の内容

高成は新山のおっぱいを触りながらキスをしている。

 

高成のチ〇ポは大きくなっている。

 

ふと、里帆の方を見る高成。

 

貴史が里帆のおま〇こをなめていた。

 

じゅるっ

 

じゅるっ

 

里帆のおま〇こをなめる音がする。

里帆は顔を赤くしていて、顔を両手で覆って恥ずかしそうにしている。

 

貴史の舌が動くと里帆は声を漏らす。

 

 

貴史と里帆に目が離せない高成は、新山にフェラされている。

 

里帆のことが気になりながらも、高成は新山にフェ〇されて気持ちよくなっている。

 

「新山が俺のチ〇ポをフェ〇している…」

 

と思うと興奮する高成だった。

 

その時、

 

「いたっ!」

 

と里帆の声がする。

 

ゴムをつけた貴史は里帆に入れようとしていた。

 

痛そうにしている里帆に、

 

「大丈夫、ゆっくりするから…」

 

と声をかける貴史。

 

里帆のきついおま〇こにゆっくり挿入する貴史。

 

里帆の中にすっぽりとチ〇ポが入る。

 

里帆の息は荒くなり、顔は赤くなっていた。

 

初めて見る里帆の感じている表情に、固まってしまう高成。

 

 

貴史は里帆の両ひざを持ち、腰を振っている。

 

新山と里帆、2人のおま〇こを味わった貴史は、2人のおま〇この感触が全く違うことを言う。

 

面白くない表情の新山。

 

貴史は里帆の足を持ち、自由に体位を変えていく。

 

激しく腰を振る貴史と、感じている里帆。

 

「ちょ~気持ちいい~!!」

 

貴史が叫ぶ。

 

最後は里帆の両足を大きく広げ、奥まで挿入している貴史。

 

そして、貴史は射精する。

 

里帆のセ〇クスから目が離せない高成だったが、新山のフェ〇でイッてしまう。

 

何とも言えない嫉妬を感じながらも新山のフェ〇でイッてしまうのだった。

 

新山は高成の精液を飲むと、

 

「いっぱい出たね…」

 

と言う。

 

新山の口には精液がついていて、笑顔で高成を見つめる。




無料試し読みはこちら
3クリック3秒で試し読み画面に

カラミざかり~第5話の見どころ

第5話の見どころを紹介します。

 

私が一番ドキドキしたシーンは、貴史が里帆に挿入しようとするシーンです。

 

ゴムをつけて入れようとしますが、痛そうにしている里帆です。

 

力を抜くように貴史が声をかけて、ゆっくりと里帆に入っていくシーンがたまりません。

 

里帆は処女だったので、キツキツのおま〇こにゆっくり入る時の感じがエロいです。

 

 

里帆と貴史のセ〇クスを見ている高成の表情が切ないです。

 

好きな女性が目の前で親友の高志に処女を奪われている、その瞬間を見ている高成の表情がたまりません。

 

里帆の感じている表情も初々しくてかわいいです♪




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

カラミざかり~第5話の感想

切ないです。

 

高成の表情がたまりません。

 

高成は新山にフェ〇されて気持ちがよくなっていますが、貴史と里帆のセ〇クスが気になってしょうがないようです。

 

でもこの気持ちはよくわかります。

 

だって好きな人が親友に処女を奪われるのですから。

 

里帆の裸は高成も見えている状態です。

 

貴史の舌が里帆のおま〇この敏感な部分を刺激するたびに、「あっ!!」と声を漏らして感じている里帆でした。

 

男性にはじめておま〇こをなめられて、恥ずかしさで顔を覆っているところはそそられます。

 

そんな里帆を見る高成…

 

高成の表情がたまりません。

 

止めたくても止められない自分…

 

嫉妬心やショックを感じながらも新山にイカされる高成でした。

 

もし、勇気を出して止めていたら、きっと高成は里帆と初体験できたのではないかと思いました。

 

貴史は里帆とただヤリたかっただけで、高成が里帆のことを好きなことは知りません。

 

貴史に悪気がない分、里帆のセ〇クスは残酷ですね。

 

里帆が女になっていく瞬間を目の前で見ている情けない高成の表情が切なすぎます。

 

この先、この4人の関係はどう変化するのでしょうか?

 

高成はまだ里帆を思い続けるのでしょうか?

 

里帆と貴史は付き合うのでしょうか?

 

それともまた4人でセ〇クスをするのでしょうか?




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます