カラミざかり3話ネタバレ[抜けるエロ漫画]オナホから始まる高校生のセックス

オナニーする女

桂あいり先生の作品「カラミざかり」

 

第3話 へへ、きれーにしてやったぞ

 

の内容と感想を紹介します。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

カラミざかり~これまでのあらすじ

貴史がオナホを買ったということを知った新山は、見せて欲しいと言い出す。

 

放課後オナホを見に、貴史の部屋に行く高成と新山と里帆。

 

オナホを見ただけでは満足しない新山は「使って見せてよ」と言い出す。

 

貴史は、

 

「おま〇こを見せてくれたらいいよ…」

 

と言う。




無料試し読みはこちら
専用アプリのインストールが必要ありません

カラミざかり~第3話の内容

新山は貴史の目に立ち、スカートをめくりパンツを見せている。

 

貴史から「自分もチ〇ポを見せるかわりに、おま〇こをみせろ!」

 

と言われてあっさりと「いいよ」と答える。

 

そして、水色のパンツを手でずらして貴史におま〇こを見せる。

 

初めて見る生のおま〇こに目が釘付けになる貴史。

 

おま〇こをガン見されて新山は顔を赤くして、恥ずかしがっている。

 

貴史はゴクンと唾を飲むと、ファスナーを下げてチ〇ポを出す。

 

貴史の大きく立ったチ〇ポを見て、新山の表情は一瞬固まる。

 

頬を赤くして緊張している新山。

 

新山は手にオナホをもち、貴史の足元にしゃがみこむ。

 

どうやって使うのかわからない新山。

 

「え…っと?」

 

戸惑っていると貴史がどう入れるのか教えてあげる。

 

新山は貴史のチ〇ポをオナホに入れる。

 

チ〇ポがすっぽりとオナホに入る。

 

「もっとぎゅっと握って!」

 

貴史が言う。

 

すっかり2人の世界の新山と貴史。

 

部屋の入り口では高成と里帆がその様子を見ている。

 

じゅぽっじょっぽっ…

 

新山の手の動きにあわせて音がする。

 

「気持ちいい…」

 

思わず声が出る貴史だった。

 

両手でオナホを持ち、貴史のチ〇ポをシコる新山。

 

「胸、さわっていい…?」

 

貴史の言葉にうなずく新山。

 

貴史は洋服の上からおっぱいを揉み始め、乳首をいじる。

 

「ああああ・・・・」

 

ビクンと身体を震わせて喘ぐ新山。

 

普段学校で見せることのない女の表情にドキンとする貴史。

 

我慢できずに新山のブラウスのボタンをはずして直接おっぱいを触る。

 

新山は乳首をコリコリされて感じながら貴史のチ〇ポをシコる。

 

貴史は新山のおっぱいを触りながらどんどん気持ちよくなっていく。

 

熱い吐息をもらしながら、喘ぎ声を出し、すっかり2人きりの世界に入っている新山と貴史。

 

「もう…イク…」

 

貴史はそういうとオナホの中に射精する。

 

新山は貴史がイクとすぐにオナホからチ〇ポを出すと、ペロペロとなめる。

 

チ〇ポをなめると

 

「きれいにしてやったぞ!」

 

とニヤリと笑う。

 

貴史はたまらずに、新山をベットに押し倒す。

 

舌を絡み合わせキスをする2人。

 

貴史は新山のおま〇こに指を入れる。

 

新山は貴史のチ〇ポを握っている。

 

「新山のおま〇こ…ぐちょぐちょ…」

 

 

盛り上がってきた貴史は新山に、

 

「入れていい?」

 

と聞く。

 

恥ずかしそうにコクンとうなずく新山。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます

カラミざかり~第3話の見どころ

第3話の見どころは、オナホでシコる新山とシコられる貴史です。

 

貴史はオナホを握る手加減を新山に教えて、シコられていくと段々と気持ちがよくなっていきます。

 

貴史は最初、服の上からおっぱいを触っていましたが、途中から制服のボタンを外していき、生でおっぱいを揉みます。

 

乳首を触られたりしていくうち、新山も絶頂を迎えそうなくらい気持ちよくなっていきます。

 

里帆と高成が見ているのに、2人の世界に入りと~っても気持ちがよくなっている表情や雰囲気がエロくて最高です。




無料試し読みはこちら
3クリック3秒で試し読み画面に

カラミざかり~第3話の感想

貴史と新山の2人の世界がいいですね。

 

2人はお互いの身体を触って気もちよくなっています。

 

高成と里帆が見ていることは忘れているのかもしれません。

 

すっかり2人の世界に突入しています。

 

オナホを見るだけのはずが、使ってみせることになり…

 

オカズにおま〇こを見せることになり…

 

おっぱいを触ることになり…

 

服の上からではなく直接乳首をコリコリして…

 

2人は味わったことのない快感を味わっています。

 

初めてのドキドキと快感ですよね♡

 

オナホでイッた時「気持ちいい~」と素直に言う貴史がかわいいと思いました。

 

オナホに射精した後、チ〇ポがをペロペロなめる新山にますますドキドキした貴史です。

 

そして新山をベットに押し倒してしまいます。

 

一気の盛り上がってしまったんでしょうね。

 

この時の気持ちがよくわかります。

 

そして、今度はオナホではありません。

 

新山のおま〇こに入れようとしています。

 

「入れていいか?」

 

と聞く貴史に、コクンとうなずく新山がかわいいです。

 

いつも生意気言っている新山とは違い、顔は赤くなっていて、かわいい女子になっています。

 

こんな表情で、うなずかれたらソッコー入れたくなると思いました。




無料試し読みはこちら
会員登録しなくても無料試し読みできます